読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冒険の書

サイトアフィリエイトについて書いています。

アフィリエイトで月100万円稼ぐための考え方と手法

アフィリエイト

最近、この冒険の書のブログがちょくちょくとアフィリエイターさんのブログで紹介していただけるようになりました。

以前は、目標をブログで公開したり収支報告をすることで、自分にプレッシャーをかけてモチベーションを高めるために更新していましたが、10月に売上が復活したタイミングで収支報告は終わりにしたので、この冒険の書の更新のモチベーションも大きく下がっていました。

今は、公開しているカードローンのサイトのデータなどは公開していますが、他に特に更新することもないなぁと思っていたところ、jumblr.というブログの2015年 副業でアフィリエイトをはじめる人が注目すべきアフィリエイターブログ5選!という記事でこの冒険の書を紹介していただきまして読ませていただいたのですが、そういえばこのブログはアフィリエイトの手法の話はあまりせず、精神論に終始していた気がするので、少しだけ、自分がアフィリエイトを取り組む中での考え方や手法みたいなものを、完全に個人の主観ですが公開しようかなと思いました。

このエントリーはアフィリエイトを始めて今から結果を出すぞ!と気合いが入っている方向けの記事で、谷の方にとっては全く参考にならない内容だと思いますので、スルーして下さい。。。

アフィリエイトの取り組み方

アフィリエイトを始めたばかりの方は、googleで検索して色んなサイトを見たり、Twitterでたくさんのスーパーアフィリエイター方々をフォローしていると思います。

皆さんたくさんアフィリエイトについて有益なことを呟いて下さっているんですけど、やっている手法が全然違うことに気づくと思います。 

ホワイトハットでサイトをひたすら作り込んでいる人や、ペラサイトをひたすら量産している人、中古ドメインを購入してブラックSEOをしている人、マッスルSEOに最近は毛沢東SEOまで出てきて、リアルで会った事が無い方は正直この人達は一体何をやっているんだと余計に迷ってしまっている人もたくさんいるんじゃないかと思っています。

僕自身、昨年は色々なアフィリエイトブログを見て、Twitterで皆さんが呟いていることをとにかく試してみて、たくさん失敗しました。

その中で一つ気づいたことがあります。それは、

「アフィリエイトの手法なんて何でもいい」

ということです。何でもいいと言うと語弊があるかもしれませんが、アフィリエイトの手法の一番の正解は、「自分が一番納得いくやりやすい方法」を見つけるしかないと思っています。

既出かもしれませんが、アフィリエイトは、どのようなやり方でも成功する人はいますし、色々なやり方を試してみてもいいと思うのですが、最終的には自分の性格に手法はかなり左右されると思います。

色々な手法で成功している人がいるのは、その人はその手法が一番性格にあったやり方だからだと考えています。

例えば、僕の場合、昔からコツコツと物事を進めることが苦手で、高校受験や大学受験も、3ヶ月前まで何もせず、3ヶ月で死ぬ気でやって乗り越えてきたタイプです。

もちろん夏休みの宿題はギリギリまで全く手をつけないタイプでしたし、大学のテストもテスト期間中にノート借りまくってひたすら徹夜で乗り切ってきました。

その性格がアフィリエイトにもモロに出ていて、アフィリエイトでも初めの3ヶ月死ぬ気で頑張って、成果が出たら燃え尽きて、サイトが全飛びしたら再び死ぬ気で頑張ってという1年間でした。 

長期間コツコツ作業をすることができないんですね。今はコツコツ更新するサイトを作っていますが、結局2ヶ月思いっきり更新して、3ヶ月放置して、再び更新しているという感じで、コツコツやってません。笑

結局は自分の性格がサイト作成に反映されるので、Twitterなどで、色々な手法を知った中で、どの手法を選ぶかは、「その手法が稼げるか」ではなくて、「どの手法が自分に合っているか」で考えた方が間違いなく継続して作業できるし、継続して作業ができるということは結果に繋がって稼げるようになると考えています。

なので、今アフィリエイトの手法について悩んでいる方がいらっしゃれば、まずは色々試してみることが大事だとは思いますが、自分の性格に合った、継続できる手法を探すことで、結果がついてくると思うので、まずは「どの手法がしっくりきて続けることができるか」と、視点を変えて取り組んでみると良いと思います。

稼ぐために一番必要なこと

アフィリエイトの取り組み方について話ましたが、取り組み方が定まったとしても、ひたすら的外れの作業を繰り返していても稼げるようにはなりません。

アフィリエイトは、圧倒的な作業量が必要ですが、その中でも、より無駄を省いて、実になる作業を反復する必要があります。

その為に意識しなければいけないことは、「キーワードの選定」です。というか、キーワードの選定が全てだと思っています。 

キーワードの選定とは、ユーザーがアクションする際に検索するキーワードのことで、CVRが高いキーワードとも言えます。このキーワードが的を得ていないと、いくらサイトを作って上位表示して、アクセスが集まっても、商品は売れません。個人的には、CVしないキーワードで記事を100記事書くよりも、CVするキーワードで記事を1記事書いた方が稼げる確率は高いと思っています。

これが無駄を省く作業です。僕自身、アフィリエイトを始めた頃、キーワードの意味がわからず、CVしないキーワードでとにかく記事を書いてサイトをたくさん作りました。結局稼げることは無く失敗に終わり、それらのドメインは今月で全て解約しました。1月に行った作業をずっと繰り返していたとたら、今でも全く稼げていなかったでしょう。

アフィリエイトは、ただ記事を書き続ける作業では無くて、CVするキーワードで記事を書き続けることが一番大事です。

と言っても、まだ結果が出ていない方は、そのCVするキーワードがわかれば苦労しないと思っていると思います。僕も売上が上がるまで、売れるキーワードの意味がよくわかっていませんでした。

だけど、いざ売上が上がってみると、実際にCVするキーワードは、大抵頭で思い浮かんではいるけど、SEOで上がる自信が無いから避けていたキーワードでした。

初心者にありがちな失敗は、競合を避けて変にニッチなキーワードを作り出して、そこでSEOをかけて勝負してしまうことだと思います。

もちろん、ニッチなワードの中にも売れるキーワードはたくさんあると思いますが、やはり、王道で売れるキーワードの中で勝負した方が結果は早く出るし、売上も多く上がることは間違いないので、逃げずに勝負することが大事だと思います。

また、キーワードの幅を広げるために、キーワードの発想を広げることは大切です。発想を広げることで、ライバルが少ないニッチなキーワードが思いつくこともあり、結果少なくはない売上に繋がることもありました。

では、どのようにキーワードの発想を広げるのかというと、

  1. ジャンルについて徹底的に詳しくなる
  2. ターゲットの属性を細かく分ける

この2点が重要だと考えています。

1.ジャンルについて徹底的に詳しくなる

まずは、アフィリエイトで取り組んでいるジャンルについて、とにかく詳しくなるということは必須条件です。

ジャンルについて詳しくならないと、売れるキーワードは当たり前のものしか浮かんで来ないし、本当に悩みが深い、今すぐ購入したい人が検索するキーワードなんて浮かばないと思います。

その点では、実際に自分が悩んでいて、購入や申し込みをしたことがあるジャンルを選ぶと、初めからジャンルに詳しい状態でスタートできるため、リサーチの手間が省けるうえ、ユーザーが購入する際のキーワードや、コンテンツもわかっている状態でスタートできるため、結果が出るのが早くなると思います。

ちなみに、僕は、WiMAXで一度売り上げがあがるようになって、確定で200万円近くまでいきましたが、以前にWiMAXを販売していた経験があって、ユーザーがWiMAXを契約する上で何を求めているか、何が障壁になるかが初めからわかっていました。

そのため、キーワードも大体わかっていましたし、リサーチに時間をかけずに作り始めることができたのが成功要因の一つです。

なので、取り組んでいるジャンルのユーザーの悩み、悩みを解消するための必要なコンテンツ、その際に検索するキーワードは、できるだけたくさん発想できるように、ジャンルについて誰よりも詳しくなるという気概を持って取り組むことが大切です。

2.ターゲットの属性を細かく分ける

次に、ターゲットの属性を考えなければいけないのですが、できるだけ細かく分けた方がキーワードの発想は広がります。

例えば、僕がキーワードを考える際に行っている方法が、

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 既婚or独身

上記のカテゴリーの組み合わせを前パターン作って、その属性が検索するキーワードを考えています。

性別なら男性と女性、年齢なら10代~70代、職業なら正社員・派遣社員・フリーター・無職など、各カテゴリーから様々な組み合わせを選んで、そのターゲットが検索するキーワードを探ります。

わかりやすいように、今のメインジャンルのカードローンで説明すると、10代の男性の学生が検索するキーワードと、30代の専業主婦の女性が検索するキーワードは全く違います。

10代の男子学生なら、カードローンを利用したい時、

  • 「学生ローン」
  • 「アルバイト カードローン」
  • 「カードローン 親にバレない」

などのキーワードを検索して、カードローンの申し込みをすると思います。

「学生ローン」と検索している人なら、学生でも借りれるカードローンを探していますし、「アルバイト カードローン」と検索している人なら、アルバイトでも借りれるカードローンを探していますし「カードローン 親にバレない」なら、実感に住んでいる人がカードローンを利用すると郵送物などで親にバレてしまうんじゃないかと心配しているか、下宿していても、カードローンを利用すると親に連絡があるのではと不安に思って検索していることがわかります。

これらの悩みに対して、答えを返して障壁を取り除く事で、申し込みまでの障壁が無くなり、CVに結びつきます。

次に、30代の専業主婦の女性がカードローンの申し込みをしようとした際に検索するキーワードは、

  • 「専業主婦 カードローン」
  • 「女性 カードローン」
  • 「カードローン 家族にバレない」
  • 「無職 カードローン」

などのキーワードが検索されるでしょう。これらのキーワードに対しても上記と同じように悩みを解決できるコンテンツを提供して、申し込みまでの障壁を取り除いてやる事でCVまで結びつきます。

そう考えると、カードローンは、職業や年代に応じて、悩みが異なりますし、それだけ検索キーワードがあるということがわかります。

これはカードローンに限った話ではなく、どんなジャンルにでも各年代や性別で悩みは違うし、悩みの分だけ検索キーワードはあるはずなので、キーワードの発想がわからないという方は、上記のカテゴリーの組み合わせを色々入れ替えて、自分の中でターゲットを作り出して、そのターゲットの悩みをあぶり出してやることで検索キーワードはたくさん生まれると思います。

知りたいキーワードと買いたいキーワード 

検索キーワードには大きく2種類あると思っていて、僕は「知りたいキーワード」「買いたいキーワード」と勝手に呼んでいます。

名前の通りで、情報を知りたいという人が検索するキーワードと、商品を買いたいという人が検索するキーワードということですが、単純に、CVするキーワードは「買いたいキーワード」です。

当たり前の話なのですが、競合を避ける課程でなぜか買いたいキーワードではなく、知りたいキーワードでサイトを作ってしまっている人が結構いる印象があるので、キーワードをあぶり出したら、まずはそのキーワードが「ユーザーが買いたい(申し込みたい)と思って検索しているキーワードか」を考えるクセをつけた方が良いです。

ある程度ジャンルの知識がついてきて、このキーワードは買いたいキーワードだと思った場合はとりあえずそのキーワードで記事を何記事も書くことを繰り返していけば、売上は必ず上がるはずです。

買いたいキーワードで記事を圧倒的な量書くことで、無駄な作業を減らし、短期間で売上を上げれるようになると思います。

100万円までの目標の立て方

そのジャンルの買いたいキーワードがわかれば、あとは100万円を稼ぐための道筋を立ててやります。

僕は、キーワード毎に、ほとんど予想ですが、1位になったら○万円、2位なら○万円、3位なら○万円という予想を立てます。

案件の単価や、キーワードの検索回数などで、ざっくりと予想を立てるため、実際に上がってみたら全然稼げなかったとか、思ったよりも稼げたとか、差異は必ず出てきますが、それは上がった時に修正すれば良いでしょう。

大事なのは、どのキーワードを上げれば月100万円を達成するという明確なイメージを持つことです。

  • キーワード1 : 1位50万 2位30万 3位10万
  • キーワード2 : 1位30万 2位15万 3位10万
  • キーワード3 : 1位100万 2位50万 3位20万
  • キーワード4 : 1位10万 2位5万 3位2万
  • キーワード5 : 1位20万 2位10万 3位 5万

このように、キーワード毎に稼げる金額をざっくり予想すれば、どのキーワードどれくらい目指せば良いという目安ができます。

まったく先が見えなくて闇雲に記事を書き続けて、SEOをするよりかは、キーワード1で2位、キーワード2で1位、キーワード3で3位など、具体的に目標を立てることで、キーワード1の内容のコンテンツを充実させたり、キーワード2のアンカーでリンクを貼ったり、やるべきことがはっきりしてくると思います。

実際にどれかのキーワードを上げてみて、思ったより売れなかった場合は、下方修正して、他のキーワードを上げに行く必要が出てきますし、思ったより稼げた場合は、儲け物です。

もっと目標を高くしてもよいですし、目標を達成したらダラけてもいいと思います。大事なことは、漠然と100万円稼ぐという目標を立てるのではなくて、このジャンルでは何個CVするキーワードがあって、一番売れる案件の単価はいくらで、各キーワードで上位表示したら何件くらい売れるかを予測して、どうすれば100万円まで届く道筋を立ててやることです。

そうすれば、後はあぶり出したキーワードで記事を書いて上位表示を狙うだけになるので、無駄な作業は一切無くなりますし、迷わずに作業が続けれるようになると思います。

ブラックハットとホワイトハット

どのようにキーワードを発想させて、月100万円までの目標を立てるかがわかれば、後は検索で上位表示させるだけです。

検索エンジンで上位表示させる手法として、ブラックハットとホワイトハットが良く話題になりますね。僕は両方やっていますし、上位表示できればどっちでもいいと思います。

どちらの手法が合っているかは性格にもよると思いますし、どれくらいの期間でいくら稼ぎたいかという目標によっても変わってくると思います。

1年かけて30万円を目標としてる方ならホワイトハットで一つのジャンルを突き詰めて、コンテンツを充実させたサイトを作れば達成できると思いますが、半年間で月50万円を目指すとか、より難しい目標を立てている場合は、ホワイトハットで達成できる可能性は低いでしょう。

早く結果を出したいならブラックハットでサイトを作った方が間違いなく結果がついてくるのは早いです。

僕はこのブログで収益を公開していましたが、収益の大部分はブラックハットで成果を上げています。

僕が実践しているブラックハット

僕が実践しているブラックハットは、年末に更新した、「アフィリエイト1年目を振り返りました」でも書いた通り、ブラックハットと言っても記事を書いてリンクを送っていただけです。

メインサイトに中古ドメインを使ってサイトを作り、メインサイトにリンクを送るためのバックリンクサイトにも中古ドメインを使い、上げたいキーワードでリンクを送ります。

全てのリンクのアンカーを上げたいキーワードで上げると、ペナルティを受けやすくなるため、アンカーをバラバラにしたり、サーバーをいくつか契約してある程度分散してブログをたくさん作っています。

黙々とその作業を行って、買いたいキーワードで上位表示を目指していく。僕はこの単純作業を繰り返しているだけです。

僕は外注をほぼ使っていないため、1人で記事を書いている分スピードはとても遅くなります。その分作業量が増えてしまうのですが、早く結果を出したければ、外注を育てるよりも自分で書いた方が成果が上がるスピードは早いと思います。それは外注の教育にかかる時間で結果を出すことができるからです。

しかし、長期的に稼ぎ続けることや、大きく稼ぐことを考えるなら、必ず外注を教育して、記事を書いてもらう必要がでてきます。

めちゃくちゃ稼いでいる人は、キーワードだけ指定して、記事は全て外注化して、凄いスピードで作り続けている人だと思っています。

僕は外注をほぼ使わずに1人で記事を書いているので、作業量にも限界がありますし、今超えられない壁にぶつかっています。

スピードをこれ以上上げるには、外注の仕組み化が欠かせず、ブラックの2015年の目標は外注の仕組みを作ってサイト作成のスピードを上げることを考えています。

やっていることはこれだけです。すごくシンプルです。後は、稼げるようになるかどうかの分かれ目は、

  1. 3位以内に上がるまでリンクを貼り続ける
  2. ペナルティで飛んでも同じキーワードで上がるまで作り続ける 

この二つを途中で諦めずに続けるかどうかだと思っています。稼げそうなミドルキーワードを狙っていても、1ページ目にきた程度で満足していては、売上が一気にあがることはありません。

逆に、どんなニッチなキーワードでも1位になれば売上はあがります。とにかく狙ったキーワードで、諦めずに上位表示させることで確実に売上はあがります。

初めは、とにかくこのキーワードで上位表示させるんだというキーワードを決めて、3位以内に入るまで諦めずに継続させることをおすすめします。

現在のドメイン数・サーバー数 

ちなみに、現在どれくらいのサイトを運営しているかというと、売上が上がっているメインサイトと呼ばれるサイトは4サイト、それに対してバックリンクサイトは20サイトくらいです。

WiMAXのジャンルをやっていた時は、稼いでいるメインサイトが2サイト、それに対してのバックリンクサイトが300サイトくらいあったので、大幅にバックリンクを減らしています。

今後は管理コストを下げるために、バックリンクのドメインは随時解約して減らしていく予定です。

今は、ラビエルで取得した強い中古ドメインにリンクを送って、更に強くした状態で、買いたいキーワードで記事をひたすら入れていく形でサイトを作っています。

それであがった売上で、強めの中古ドメインを購入して、また同じようなキーワードでサイトを作っていく、ブラックのロングテールサイトがメインです。

キーワードの幅が広いジャンルは、ロングテールを拾うことで1サイトあたりの収益を増やすことができるので、今一番しっくりきている手法です。

ブラックハットのアフィリエイトは悪なのか

ここからは余談ですが、ブラックハットは、ブロガーやホワイトハット推奨派の人からは、検索エンジンスパムだとか色々とバッシングされることが多いです。アフィリエイト自体も根拠の無いランキングで意図的にユーザーを騙しているとして嫌っている人も多いですね。前回のエントリーが炎上したのも、ブラックハットで稼いでいると公言したことが原因でしょう。

しかし、僕はブラックハットのアフィリエイトが悪だとは思っていません。アフィリエイトは、完全成果報酬型のビジネスで、いわば広告代理店のような存在です。googleの検索エンジンのサービス内で商品を売らなければ売上をあげることができません。

営業職についたことがある人はわかると思いますが、自社の商品がどれだけ他社と比較して劣る商品だったとしても、売らなければ会社は潰れてしまいますし、結果を残せないとクビになる可能性もあります。

生きるためには、自分が売ると決めた商品(自社商品など)を売る力を身につける必要があります。

だからと言って、詐欺商品を薦めていいとは思っていません。しかし、アフィリエイトで紹介できる商品の多くは、広告費を使ってしっかりとマーケティングしている企業が多いですし、そういった企業は常に商品の改良など、企業努力を欠かさないため、どれもいい商品ですし、どの商品をユーザーに薦めても大差はないものがほとんどだと思います。

そういった商品を、検索エンジンという枠組みの中で、googleが決めている規約に反して意図的に上位表示させて、商品を売る事が悪だとは思えないです。

Googleは神だ」など、神格化してる人もいますが、Googleはただの一営利企業です。検索エンジンを公平で神聖なものとする発言を見受けますが、Yahooのスポンサードサーチ、Googleのアドワーズは検索結果の一番上に表示されますし、品質スコアなどもありますが、基本は入札金額が高いものが並んでいます。品質スコアもCTRで判断されることからクリックされれば儲かるGoogleYahooの利益重視の検索結果となっています。

広告の下に続く検索結果に関しては、もちろんユーザーに有益なコンテンツを届けることで、ユーザーの滞在時間、PV数を増やし、アドセンスをクリックさせることでGoogleが儲かる仕組みになっています。

アフィリエイトはGoogleの利益を奪うものになるので、Googleが嫌うのも当然ですし、ペナルティを課されてサイトが飛ぶこともよくあります。

しかし、Googleの検索エンジンの中で、完全成果報酬のビジネスを行っているからには、営利企業であるGoogleの規約に全て完全に従う必要はないと思います。

ブラックハットで評価を偽装して上位表示したサイトをスパムだと忌み嫌う人が多いですが、僕は全く違うと考えています。

検索エンジンとは、元々ユーザーが無料で自発的に情報を収集できる、プル型のメディアです。

こちらに主導権はありません。ユーザーが自ら検索をして見たサイトで、自らの意思で購入することでこちらに報酬が発生します。

メルマガなど、必要ないのに送り続けられるプッシュ型のメディアではないので、ユーザーが迷惑を被っているとは思いません。

もちろん、その代わり上記で説明したように、検索キーワードに対しての答えをコンテンツにしているという前提です。そういったコンテンツはユーザーにとって価値があるものですし、価値を感じたからこそアクションし、それが報酬に繋がっているので、ブラックハットで上位表示して稼ぐことがスパムとは思えません。

炎上記事でPVを集めてスマホで見ているユーザーの誤クリックで稼いでいるブロガーと比べたら確実に広告主にとってもユーザーにとっても有益だと思っています。

アフィリエイトは本当に稼げないようになるのか

また、最近は、SNSの普及で検索エンジンの利用率が下がり、検索エンジンでのアフィリエイト収入は大幅な減収が避けられないみたいな噂が流れていますが、これも違うと思っています。

僕は、単純に、暇つぶしでネットサーフィンをしていた層が、SNSに時間を費やしているだけだと考えています。

もちろん、ジャンルによっては、SNSで流れてきた記事を見て購入することもあるかもしれません。

しかし、僕たちがターゲットとしている、ネットで物を購入する(サービスに申し込む)層は、わざわざSNSでニュースが流れてくるのを待って行動することなんてあり得ません。必ず自分のペースで購入したい時に、購入できるようにgoogleなどの検索エンジンで検索を行うはずです。

それに、育毛剤やカードローンなど、悩みが深いジャンルのようにそもそもSNSで拡散されないジャンルも多く、それらのジャンルに関しては、まだまだ検索エンジンで検索をして購入することがほとんどでしょう。

アフィリエイトを始めたばかりの人がこのような情報を見ると、アフィリエイトはもうすぐ稼げなくなるのかと勘違いしてしまうと思うので、僕なりに反論しておきます。

まとめ

長々と記事を書いてしまい、更には話が逸れてしまって見苦しい内容になってしまいましたが、アフィリエイトで僕が稼げるようになった手法と、最近Twitterなどで取り沙汰されている情報について僕なりの意見を述べてみました。

最後に、もう一度簡潔に100万円を稼ぐために行うことをまとめておきます。

  1. ジャンルについて誰よりも詳しくなるくらいリサーチする
  2. ターゲットの属性のパターン細かくを作り、キーワードをたくさんあぶり出す
  3. キーワード毎に稼げる金額を予測して、100万円を達成できるように設計する
  4. 特定のキーワードで上がるまでリンクを送るorコンテンツを充実させて評価を上げる

上記1~4を愚直に繰り返すことで、ジャンルの違いや運で達成する期間は差が出るとは思いますが、確実に月100万円を達成することができるようになるでしょう。

アフィリエイトで稼ぐには膨大な作業が必要ですが、少しでも無駄を排除して、最短で売上が上がるように工夫することで、早めに成功体験を積むことができるため、結果的に大きく成功できる可能性が高くなると思います。もちろん、100万円を達成しても、サイトが飛んで報酬が激減することも必ずあると思います。

それでも、諦めなければ再び報酬を復活させることもできますし、アフィリエイトで稼ぐと決めたのであれば、とにかく結果が出るまで諦めずにできることをやり続けることが重要だと思いますし、続ければ必ず結果は出ると思います。

僕自身、アフィリエイトを始めて、結果が出るようになって本当に人生が変わったので、今から稼ごうと考えている人に、このエントリーが少しでも参考になればと思います。

僕が公開している運営サイト

このブログでは、僕が作っているサイトのうちの一つ、カードローンのABCというサイトを公開しています。

上記で紹介したブラックハットは行っておらず、新規ドメインを取得してサイト作成しており、中古ドメインなどの自演リンクは行っていません。

しかし、知りたいキーワードや買いたいキーワードなど、自分の考えを集約して作成しています。

アフィリエイトを今から始めようと思っている方や、アフィリエイトを始めたばかりでどういうサイトを作ったら良いかわからないという方は、カードローンのABCを参考にしていただければ嬉しいです。

もし参考にしていただけたら、カードローンのABCをTwitterやはてなブックマークで紹介していただけると更に嬉しいです。

運営サイト: カードローンのABC

ブログサイトも実験中

現在は、カードローンのABCの他にも、はてなブログでサイトを作っています。

去年の夏にドメインを取得して、20記事ほど入れていただけなのですが、1年程経って、ドメインの評価も上がってきたのか、色々なキーワードで検索に引っかかるようになりました。

はてなブログで売上を上げれるようになれば、細かいデザインなどを気にする必要が無いし、記事を書く事だけに専念できるため、真剣に売上を上げれるように記事を入れていこうと思っています。

こちらのブログももちろん中古ドメインからのリンクなどは使わずに、コンテンツをしっかり入れてgoogleの評価を高めて行こうと思っていますので、よかったら参考にしてください。

運営ブログ : キャッシングのまとめ